長野・岐阜両県境にある活火山。飛騨山脈南部にあり、標高3067メートル。中央火口丘の剣ヶ峰に御嶽神社がある。古代からの信仰登山の対象。木曽御嶽。

[補説]かつては死火山とみなされていたが昭和54年(1979)に噴火。平成26年(2014)の水蒸気爆発による噴火では多くの登山者が巻き込まれ、63人の死者・行方不明者を出す惨事となった。

[地理/日本地名/中部]カテゴリの言葉

出典:gooニュース