[名・形動]あとに思いが残ってすっきり思い切れないこと。また、そのさま。未練。「心残りなのは幼い子供を残していくことだ」

出典:青空文庫