1. 機械を使わないで、手で作ること。店で買わないで、自分の手で作ること。また、その物。手製。「母の―」「―の料理」

  1. 手捻 (てびね) り」に同じ。

  1. 中世、荘園で、領主直営の田畑。

  1. 近世、地主が田畑を小作に出さずに自分で耕作すること。

  1. 手織りの布。

    1. 「多摩川にさらす―さらさらになにそこの児のここだかなしき」〈・三三七三〉

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉

出典:gooニュース

出典:青空文庫