1. 戦国時代以降、戦場で武士が自分や自分の隊の目印として、鎧 (よろい) の受筒 (うけづつ) に立てたり部下に持たせたりした小旗や飾りの作り物。旗指物。背旗。

  1. 板をさしあわせて作った家具や器具。たんす・箱・机の類。

  1. 髪にさす飾り物。かんざしくしこうがいの類。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫