[動サ変][文]あん・ず[サ変]
  1. 考えをめぐらす。

    1. 「依て窃 (ひそか) に―・ずるに」〈福沢福翁百話

  1. 調べる。

    1. 「且 (かつ) 先例を―・ずるに」〈鴎外渋江抽斎

  1. なでる。特に、刀の柄 (え) に手をかける。

    1. 「街側 (がいそく) の巡査は厳かに剣を―・じて」〈木下尚江良人の自白

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。