• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

まだらの斑紋のある犀の角を飾りに用いた石帯 (せきたい) 。四位・五位の者が束帯のときに、また公卿が諒闇 (りょうあん) の際に用いた。

[生活/ファッション]カテゴリの言葉