(梵)maṇalaの音写。本質を有するものの意》仏語。密教で、悟りの境地である宇宙の真理を表す方法として、仏・菩薩 (ぼさつ) などを体系的に配列して図示したもの。胎蔵界曼荼羅金剛界曼荼羅四種曼荼羅などがある。転じて、浄土の姿を図示したものなどにもいう。