《月が隠れる意。「つきごもり」とも》月の末日。みそか。つごもり。

「同じ年の十二月の―の夕に」〈霊異記・上〉

出典:青空文庫