茶道で、ツツジクヌギの小枝を焼いて作った細い炭。火つきがよい。胡粉 (ごふん) を塗ったものを白炭 (しろずみ) 、塗らないものを山色 (やまいろ) という。横山炭。 冬》「―の白粉 (おしろい) ぬりて京に入る/一茶