• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中野重治の小説。著者の分身的存在である主人公、片口安吉の青春時代の内面の軌跡を描く。昭和14年(1939)「革新」誌に連載。単行本は昭和15年(1940)刊。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉