[動マ五(四)]
  1. 水面上にあったものが水中に没する。水底へ下降する。また、水底につく。「ボートが―・む」「島が―・む」⇔浮かぶ浮く

  1. 周囲より低くなる。「地盤が―・む」「床が―・む」

  1. 下の物にめり込む。「柱が―・む」「頭が枕に―・む」

  1. 太陽・月などが、地平線・水平線より下へ移動する。「夕日が水平線に―・む」

  1. 飛行する物体・投球などが急にその位置を下げる。「機体ががくんと―・む」「ボールが打者の手元で―・む」

    1. ㋐望ましくない境遇・状態に陥る。「不運に―・む」「病に―・む」

    2. ㋑その心境になりきる。特に、暗い気持ちになる。落ち込む。「物思いに―・む」「悲しみに―・む」「―・んだ声」

  1. 地味で落ち着いた感じになる。「―・んだ鐘の音」「全体に―・んだ色調の絵」

  1. 色や模様などが浮き立たなくなる。また、存在が目立たなくなる。「黒っぽい背広にグレーのネクタイではネクタイが―・んでしまう」

  1. ボクシングで、打ち倒されて立てなくなる。「マットに―・む」

  1. 10 ゲームなどで、最初の持ち点以下になる。「麻雀で一万点―・む」

[可能]しずめる
[動マ下二]しず(沈)める」の文語形。

出典:gooニュース

出典:青空文庫