《食べられない果実の意》小アジア産のカシナラ類の若枝に、タマバチが産卵のときに刺すことによって生じる虫癭 (ちゅうえい) (虫こぶ)。直径約2センチほどの球状。タンニン酸やインクの原料。ぼっしょくし。

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉