• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

葉山嘉樹 (はやまよしき) の長編小説。大正15年(1926)刊。貨物船の海上労働者たちが、しだいに階級意識に目覚めていく過程を描いた、プロレタリア文学の代表作。