• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ウミユリ綱ウミユリ目の棘皮 (きょくひ) 動物の総称。放射状に伸びた羽状の腕をもつ冠状部と、それを支える長い茎からなり、深海底に着生。外見がユリを思わせる。日本近海にトリノアシなどがある。ウミユリ綱は茎のあるウミユリ類と、茎のないウミシダ類に分けられ、古生代中生代に栄えたが、現生種は少ない。化石はウミユリ類が多い。

[生物/動物名]カテゴリの言葉