• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

陰暦9月12日(現在は10月12日)の夜に京都市右京区太秦 (うずまさ) の広隆寺で行われる祭り。摩多羅神 (またらじん) の役は白紙の仮面をかぶり、異様な服装をし、牛に乗って寺内を一巡し、国家安穏・五穀豊穣 (ごこくほうじょう) ・悪病退散の祭文を読む。太秦の牛祭。 秋》「油断して京へ連なし―/召波」