• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

参議院議員の比例代表制選挙における、候補者名簿内の枠組みの一つ。非拘束名簿式を基本としつつ、政党が優先的に当選する候補を指定する拘束名簿式の要素を加えたもの。平成30年(2018)に公職選挙法が改正され、令和元年(2019)の参院選から導入された。この枠の不使用や記載人数は各党の自由だが、記載された候補者は事務所設置や演説などの選挙活動をできない。

[補説]平成28年(2016)の参院選から鳥取・島根、徳島・高知の選挙区が合区となったため、自民党が、選挙区に候補者を擁立しなかった県を地盤とする者を救済するために設けた制度とされる。

出典:gooニュース