• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

縦糸が密に並び、横糸がやや太く、布面に横うねのある平織りの絹織物。帯や袴地 (はかまじ) 、また和服・婦人服などに用いる。もと外来のもので、天和年間(1681~1684)京都の西陣で織り出すようになった。