太い木綿糸で平たく厚く織る紐。天正(1573~1592)のころ、真田昌幸 (さなだまさゆき) が刀の柄 (つか) を巻くのに用いたところからの名という。真田打ち。

出典:青空文庫