• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

覗 (のぞ) きからくりなどに用いるため、透視図法で描かれた絵。17世紀に欧州で流行、18世紀前半に中国を経て日本に伝来し、円山応挙 (まるやまおうきょ) 司馬江漢 (しばこうかん) らも制作。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉