• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

円山応挙の解説 - 小学館 大辞泉

[1733~1795]江戸中期の画家。円山派の祖。丹波の人。通称、主水 (もんど) 。初め石田幽汀狩野派を学ぶ。のち眼鏡絵 (めがねえ) の制作などを通して西洋画の透視図法を学ぶ一方で中国の写生画を研究、写実性と日本の伝統的な装飾画様式を融合した新様式を確立した。