《室町時代ころまでは「ひつち」》刈ったあとの株から再び伸びる稲。 秋》

「鶉 (うづら) 伏す刈田の―おひ出でてほのかに照らす三日月の影」〈山家集・中〉

[秋/植物]の季語