[動ラ五(四)]

    1. ㋐中に入ったまま外に出ないでいる。引きこもる。「山に―・る」「書斎に―・って執筆する」

    2. ㋑外とのつながりを断って、中に深く入り込む。閉じこもる。「自分の殻に―・る」「陰 (いん) に―・る」

  1. 祈念するために社寺に泊まり込む。おこもりをする。「寺に―・る」

  1. 城などに入って敵から防ぎ守る。立てこもる。「城に―・る」

  1. 音や声が中に閉じこめられた状態で、外にはっきり伝わらない。くぐもる。「声が―・ってよく聞こえない」

  1. 気体などが外に出ないで、いっぱいに満ちる。充満する。「臭いが―・る」「会場に人の熱気が―・る」

  1. 力やある感情などが、そこにいっぱいに含まれる。「力の―・った演技」「熱の―・った言葉」「心の―・った贈り物」「怒りの―・った声」

  1. 包まれる。囲まれる。

    1. 「畳 (たた) なづく青垣山―・れる大和しうるはし」〈・中・歌謡〉

  1. 入って隠れる。

    1. 「二上 (ふたかみ) の山に―・れるほととぎす今も鳴かぬか君に聞かせむ」〈・四〇六七〉

[可能]こもれる

出典:青空文庫