京都の羅生門渡辺綱 (わたなべのつな) に片腕を切り取られ、のちに綱の伯母に化けてその片腕を奪い返したという、伝説上の鬼。