• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

芥川竜之介の小説「藪の中」から》関係者の言うことが食い違うなどして、真相がわからないこと。

芥川竜之介の小説。藪の中で起こった殺人について、目撃者や当事者たちが語るが、その内容がそれぞれ食い違うために真相はわからないままとなる。大正11年(1922)発表。