• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

岩手県西磐井 (にしいわい) 郡平泉町、毛越寺東側にある寺院跡。藤原基衡の妻の建立と伝えられ、舞鶴が池を中心とする庭園中心として、大阿弥陀堂・小阿弥陀堂などの遺構が残る。現在の阿弥陀堂は享保年間に再建されたもの。平成23年(2011)「平泉−仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺産群−」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。→平泉

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。