• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中村武羅夫の文芸評論。昭和3年(1928)「新潮」誌に発表。純文学という花園の文学的純粋性を、政治性をもって荒そうとするプロレタリア文学への危機感を表明している。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉