• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 死んだ子供が行く所といわれる冥途 (めいど) の三途 (さんず) の川の河原。ここで子供は父母の供養のために小石を積み上げて塔を作ろうとするが、絶えず鬼にくずされる。そこへ地蔵菩薩が現れて子供を救うという。

  1. むだな努力のたとえ。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉