• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中国後漢末期の208年、赤壁において、劉備 (りゅうび) 孫権の連合軍が曹操の軍を破った戦い。これにより天下三分の形勢がほぼ決まった。

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉