1. 目方の重いこと。また、その度合い。「雪の重みで屋根がつぶれた」

  1. その人や物事から受ける重厚な、また厳粛な感じ。「社長としての重みをつける」「伝統の重み」「重みのある言葉」

  1. 気持ちのうえの負担。「責任の重み」

  1. 連歌・俳諧で、観念的で古くさい作り方。

    1. 「越人が句、已 (すで) に落ち付きたりと見ゆれば、又―出で来たり」〈去来抄・先師評〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース