• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 中国、の官制で、600石以上の俸禄の者。地方では200石から400石くらいの役人。

  1. 寺の長として、寺務を統轄した役僧。特に、勧修寺園城寺延暦寺楞厳 (りょうごん) 院などで用いられ、他の寺でいう座主 (ざす) 検校 (けんぎょう) 別当などにあたる。

  1. 江戸時代、えたをいった語。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉