• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大和三山の争いを仲裁するために出雲から出かけたという神。途中、播磨 (はりま) 国揖保 (いいぼ) 郡上岡の里で争いの終わったことを聞き、この地に鎮座。伊保大明神。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉