• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

相馬黒光による自伝的小説。昭和9年(1934)「婦人之友」誌に連載したものに、加筆・増補して昭和11年(1936)に刊行。女学校時代の思い出、「文学界」同人たちの回想、自身の結婚、新宿中村屋の創業秘話などを伝え、女性学の史料としても貴重。