部首
(もん・もんがまえ)
画数
12(部首内画数:4)
種別
常用漢字教育漢字
漢検の級
9級
音読み
カンケン
訓読み
あいだ [外]はざまあいうかがひそかにしず

意味

【漢一】カン・ケン ①物と物とのあいだ。すきま。「間隔」「間隙(カンゲキ)」「瞬間」 ②すきをねらう。うかがう。「間者」「間諜(カンチョウ)」 ③ひそかに。こっそりと。「間行」 ④ひま。ゆとり。のどか。しずか。「間雲」「間暇」「間居」 [類]閑 ⑤部屋。また、部屋を数える語。「居間」 【漢二】ケン 長さの単位。一間は六尺(約一・八(メートル))。「間竿(ケンざお)」

間の解説 - 小学館 大辞泉

[音]カン(漢) ケン(呉) [訓]あいだ ま あい

学習漢字]2年

〈カン〉
  1. 二つの物のあいだ。ある範囲の中。「行間区間空間巷間 (こうかん) 山間中間民間林間

  1. 二つの時点のあいだ。「期間週間瞬間年間夜間

  1. 二つのあいだを隔てる。隔たり。すきま。「間隔間隙 (かんげき) 間接間断間一髪反間離間

  1. ひそかにすきをうかがう。スパイ。「間者間諜 (かんちょう) 

  1. 疑いや非難をさしはさむ。「間然

〈ケン〉
  1. 1に同じ。「世間人間 (にんげん) 眉間 (みけん) 

  1. 長さの単位。約1.8メートル。「間竿 (けんざお) 九尺二間

〈ま〉「間際間近合間居間雲間谷間手間仲間波間昼間
〈あい〉「間狂言雨間谷間幕間山間
[補説]間着 (あいぎ) 間服 (あいふく) 間 (あい) の手」などの「間」は「合 (あい) 」を代用することもある。

[名のり]ちか・はし

[難読]狭間 (はざま)