ダビデの解説 - 小学館 大辞泉

古代イスラエル統一王国第2代の王。在位、前1000ころ~前960ころ。南方のユダと北方のイスラエルを統合してエルサレムに首都を定め、イスラエル史上最大の繁栄をもたらし、後世理想の王とたたえられた。旧約聖書に、彼の名を冠する数多くの信仰詩がある。ソロモン王の父。
ミケランジェロの彫刻作品。と巨人ゴリアテの戦いの場面を表現している。フィレンツェ、アカデミア美術館所蔵。ダビデ像。

出典:青空文庫

[世界史/世界史の人物]カテゴリの言葉