• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ハルトマンフォンアウエの解説 - 小学館 大辞泉

[1165ころ~1215ころ]中世ドイツの宮廷詩人。アーサー王伝説に取材した長編叙事詩「エーレク」「イーベイン」、宗教的題材を扱った短編「グレゴリウス」「哀れなハインリヒ」など。

[文学/外国の作家・文学者]カテゴリの言葉