• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

三善康信の解説 - 小学館 大辞泉

[1140~1221]鎌倉幕府初代問注所執事。法名、善信。母が源頼朝の乳母の妹であった関係から、伊豆に配流中の頼朝に京都の状況を報告。のち、鎌倉に招かれて問注所執事となった。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉