• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

三宅尚斎の解説 - 小学館 大辞泉

[1662~1741]江戸中期の儒学者。播磨 (はりま) の人。名は重固。山崎闇斎に学び、佐藤直方浅見絅斎 (あさみけいさい) と並んで崎門 (きもん) 三傑の一人と称された。のち、京都に私塾を開いて多くの門人を擁した。著「黙識録」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉