• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

三宅嘯山の解説 - 小学館 大辞泉

[1718~1801]江戸中期の俳人・儒学者。京都の人。名は芳隆。字 (あざな) は之元。別号、葎亭 (りってい) など。俳諧に長じ、炭太祇与謝蕪村らと交わり、独自の俳境を開いた。編著「俳諧古選」「俳諧新選」、漢詩「嘯山詩集」など。