下村観山の解説 - 小学館 大辞泉

[1873~1930]日本画家。和歌山の生まれ。本名、晴三郎。狩野芳崖 (かのうほうがい) 橋本雅邦に師事。日本美術院の創立に参加。卓抜した技法により、伝統的画風を現代に生かした。作「白狐」「弱法師」など。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉