• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中塚一碧楼の解説 - 小学館 大辞泉

[1887~1946]俳人。岡山の生まれ。本名、直三。河東碧梧桐 (かわひがしへきごとう) 新傾向俳句の中心作家。「海紅」創刊に加わり、のち主宰。句集「はかぐら」「多摩川」など。

中塚一碧楼の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
岡山県浅口郡玉島町(現・倉敷市玉島勇崎)
生年月日
1887年9月24日 てんびん座
没年月日
1946年12月31日(享年59歳)

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉