仁徳天皇の解説 - 小学館 大辞泉

記紀で、第16代の天皇。応神天皇の第4皇子。名は大鷦鷯尊 (おおさざきのみこと) 。租税を免除し、茨田 (まんだ) の堤を築造するなどの仁政を行ったという。「宋書」などにみえる倭の五王の讃または珍に比定する説もある。→大山 (だいせん) 古墳