佐久間象山の解説 - 小学館 大辞泉

[1811~1864]江戸末期の学者。信濃松代藩士。名は啓 (ひらき) 。初め朱子学を、のちに蘭学を修め、西欧の科学技術の摂取による国力の充実を主張したが、京都で攘夷派に暗殺された。門下に勝海舟吉田松陰らがいる。

佐久間象山の解説 - SOCKETS人物データベース

松代藩(現在の長野県長野市付近)下級武士の家出身の、幕末の洋学者。吉田松陰、坂本龍馬、勝海舟ら開国派の師として知られる。範酒の息子、真田幸貫の教育係を経て西洋砲術、兵学を学び、当時の西洋工学全般に通じた。嘉永2年(1849年)に日本初の指示電信機による電信を行ったほか、ガラスの製造や地震予知器の開発に成功。
出生地
信濃埴科郡松代字浦町
生年月日
1811年2月28日 うお座
没年月日
1864年7月11日(享年53歳)
別表記
さくま・ぞうざん 佐久間修理

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉