• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

内藤鳴雪の解説 - 小学館 大辞泉

[1847~1926]俳人。江戸の生まれ。本名、素行。別号、老梅居。正岡子規の影響で俳句を始める。平明温雅な作風で、日本派の長老と仰がれた。著「鳴雪句集」「鳴雪俳話」など。

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉