• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

包平の解説 - 小学館 大辞泉

平安中期の備前の刀工。後鳥羽天皇の蒲穂 (がまほ) 丸などの作者といわれる。高平・助平とともに世に三平 (さんひら) と称された。生没年未詳。