• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

南村梅軒の解説 - 小学館 大辞泉

室町後期の儒学者。周防 (すおう) の人。天文年間(1532~1555)の末、土佐に行き、吉良宣経 (きらのぶつね) に仕えて朱子学を説いた。土佐南学の祖とされる。生没年未詳。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉