• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

吉川惟足の解説 - 小学館 大辞泉

[1616~1695]江戸前期の神道家。姓は「よしかわ」とも読む。吉川神道の創始者。江戸の人。京都の吉田神道を学び、江戸でその正統継承者と自称、一派を立てる。諸大名の信頼を得、幕府神道方となる。著「神代巻惟足抄」など。

[宗教・思想/神道の人物]カテゴリの言葉