• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

吉田兼倶の解説 - 小学館 大辞泉

[1435~1511]室町中期の神道家。本姓、卜部 (うらべ) 。京都吉田神社の神官。唯一神道(吉田神道)を創始。足利義政の知遇を受け、神祇伯 (じんぎはく) 白川家と対抗して神職界に勢力を伸ばし、全国の神社を支配するほど勢威をふるった。著「唯一神道名法要集」「神道大意」「中臣祓抄」など。

[宗教・思想/神道の人物]カテゴリの言葉