• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

度会家行の解説 - 小学館 大辞泉

南北朝時代の神道家。伊勢外宮禰宜 (ねぎ) で、伊勢神道の大成者。北畠親房と親交があり、南朝方を支持。著「類聚神祇本源」「神道簡要」。生没年未詳。

[宗教・思想/神道の人物]カテゴリの言葉