床次竹二郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1867~1935]政治家。鹿児島の生まれ。高橋両内閣の内相、以後、鉄道相・逓信相を歴任。政友会を割って政友本党を結成、その総裁となったが、5年にして政友会に復帰した。のち除名。

[日本史/明治時代以降の人物]カテゴリの言葉