原敬の解説 - 小学館 大辞泉

[1856~1921]政治家。岩手の生まれ。外務省退官後、大阪毎日新聞社社長に就任。立憲政友会創立に参画し、逓相・内相を歴任後、総裁に就任。大正7年(1918)平民宰相として初の政党内閣を組織し、交通の整備、教育の拡張など積極政策を行った。東京駅頭で刺殺された。

政治家 作家・脚本・エッセイスト
出生地
陸奥国(現・岩手県盛岡市本宮)
生年月日
1856年3月15日 うお座
没年月日
1921年11月4日(享年65歳)